人と命をつなぐセラピスト吉崎真呂です(^-^)

 

最近SNS上で

『赤ちゃん産まれました〜!!』

の投稿を見る機会が増え、

一昔前は『赤ちゃん良いなぁ…。』って僻んでたけど

今はものすごいパワーを感じます♪♪

 

毎日必死ながらも、子供の笑顔に癒され、

寝顔でもニヤッって笑ってる姿みただけでも癒される♡

 

 

1歳までの1年って本当にあっという間で

毎日毎日がサプライズの連続なんだよね〜。

 

我が家の末っ子も9月で6歳!!

あっという間すぎる…。

 

 

 

我が家には3人の子供という名の神様がいます。

 

私に学びを与えるため、気付きを与えるためにでも現れたような

偶然とは思えない子供たちに守られ、

ドギツイ痛みで色んな事を経験させてもらいながら

視野を広げることが出来るようになってきました。

 

 

「発達障害」

というキーワードを聞くと敏感に反応してしまうのも

発達障害だと言われたことのある方が多かったりもします。

 

 

まず、我が子で言えば末っ子の3歳児検診で一度引っかかり

多動の疑いだの何だの言われ、クリニックの受診を勧められましたが、

「3歳は元気が当たり前」という基準の私が、

指導員の発言に違和感を感じた為

クリニックには行かない選択をしました。

 

末っ子だしね、上の子達とも変わらないじゃん…。

 

それが私たち夫婦の基準でしたが、

確かに末っ子は声はデカイし落ち着きないし、

空気が読めないことは沢山ある。

 

5歳に求めることではないと思って見守ってるのが現状。

いつでもどこでもピョンピョン跳ねてて、

ソファーもベットも劣化が早いです…(笑)

 

 

 

それに比べて、

いつも落ち着いてて、「大人だよね〜」とか

「本当、しっかりしてるよね〜!!」って

幼い頃から、周りから言われてきていた娘は

15歳の中学3年生の頃、不登校学級に時々くる

スクールカウンセラーの先生に

 

「あなたは発達障害だと思うから検査してみなさい。」

 

と優しく促され、病院を紹介された。

 

 

6年生の後半から不登校を選択した娘は

学習もしてこなかったからこそ遅れが有る事は分かってた。

 

けど、いきなり言われた時の頭の中は

「なんで娘が発達障害?」

「なんでうちの子がそんな事言われるの?」

「意味が分からない…。」

って思いながらも、心臓がバクバクしていたのを覚えています。

 

 

「何でなんで…。」「どうして?」「どうすれば良いの?」って

なぜか自分の子では無くなってしまうような、

どうしたら良いのか、この先どう接したら良いのか…。

 

不安と焦りが数日続きました。

 

でも私の子には変わらないのにね。

 

 

 

 

でもね、言われてからネットで調べてわかった事と照らし合わせると

妙に納得出来る事がいっぱいあって、

「この行動、言動はそう言う脳の仕組みだったんだね〜」って

納得できた上に、その言葉でまとめられると楽な気さえしたし、

今まで自分が理解してあげられなかった思いが正当化されたようにも

思う事が何度もありました。 

 

 

どちらかと言うと、発達障害と言われて救われた気さえしました。

 

 

幼い頃から見付かってくる子もいれば、

大きくなるにつれて分かってくる子もいる。

 

その両方を経験することが出来たので良かったとも思うのです。

 

 

きっと。

きっとね。

「発達障害の疑いがあるんじゃない?」って言ってくれる方、

または

わざわざ言ってくれちゃう方(笑)

どちらも悪気があって言ってる事じゃないとは思うの。

 

 

どちらかと言うと

「あなたの事、あなた達親子の事を思って…。」っていう

ちょっと迷惑だとも思えちゃうけど、

心配症が飛び出ちゃったんだと。(笑)

 

「世話好き」と「お節介」は紙一重でしょ(*≧艸≦)

 

ようは、その言葉を言われた時に自分がどう受け取るか!!

 

「ありがとう♪ じゃぁ今度調べてみるね!! 

その方が安心だし自分も納得できるから♪♪」

 

って思えたら「世話好きなあの人のおかげ」になるけど、

反対に、いつも人の事ばかり気にして

自分の子供のすごい事自慢に最終持ってくような人も居るじゃん(笑)

 

そんな方から言われたら

「うちの子が変だとでも言いたいわけ?

検査して太鼓判もらってきたら納得いくわけ?

んで、何かあなたがしてくれるわけ?」

って感情が湧いてきちゃうんですよ…。

 

 

言いたい人には言わせておけばいいのです!!

 

分かってても目の前の人付き合いが…って

心優しい人も多いけど、私はいつもこう思ってる。

 

 

「そうやっていつも人の悪口言ったり、

馬鹿にしてくれてるけど、

うちの税金でも払ってくれるなら言いたい放題言ってくれていいよ。

人様の税金も払ってもいないなら文句言うなよ!!」

 

って心の中で思ってるの。

平和でしょ(笑)

 

 

だからそんな悪口もどうでも良くなってくるし、

受け流しが得意技になってくる。

 

 

『うちの子守ってあげられて、理解しながら

ずっと親子でいられるの

私たちだけなのでね♡ありがとう♪♪』ってね(^-^)

 

 

思うのは自由でしょ♪♪

わざわざ口に出して無いから傷付けないし(笑)

 

 

うちは最終的に娘が自分の脳の仕組みを知った方が

記憶力が上がるなら高校受験のために知りたいって言ったので

ウィスク検査を受けました。

 

結果、標準のど真ん中のIQ値でした(笑)

 

 

 

俗に言う発達障害と言われてしまう子供たちは

「発達しすぎちゃった子」であって、

自ら進化して理解できない大人たちに対して

「普通って何!?」

って気付きを与えられるすごい人たちで、

特別な存在なんだと思ってます(^-^)

 

心ない言葉に負けないように、

今後の可能性を信じてワクワクした毎日を選んでいきましょ♪♪

 

 

 

 

 

 

💁‍メルマガ & LINE@
命をつなぐセラピスト養成講座やビジネスの事などはメルマガ&LINE@で先行してお伝えしてます。  

 

メルマガ登録→ こちらから無料登録

LINE@の無料登録→ こちらをクリック

 こちらのボタンからも登録可能です。

友だち追加

 ※不定期配信ですが、不要な際にはすぐに解除できます。

 
🌿 お問い合わせ一覧 🌿

 

🌿 吉崎真呂とはどんな人!?

⭐️1981年4月生まれの、好きな事にはとことん情熱を注ぐB型です。

⭐️高1の娘、小6の息子、年長の息子の母であり、育てられてる母でもあります。

⭐️波乱万丈人生をテレビ東京さまが取材してくれました!!

👉 生きるを伝える  こちらからご覧ください。 

 

⭐️ブログの読者登録はこちらのブログの下の方にメール登録がございます。

いつもご購読ありがとうございます。

The following two tabs change content below.
2011年2月に自身の経験をキッカケにサロンをオープン!! 自分と向き合い働き方を見直し、子育てと仕事を両立しながら「心と身体は繋がっている」ことを実感し心理カウンセラーとして活動しています。 「命をつなぐセラピスト」として子宝に恵まれたご家族は140組!! 個人、法人のサポートをしながら心のサポートをしています♪